ビジネスミーティング

組織概要・体制

一般社団法人不動産情報共有推進協議会は、すべての法人・個人が不動産に関わる情報を自由かつ安全に利用できるプラットフォームの構築を実現し、企業や組織のサービスの効率化や新規創出を促すことで、不動産業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進と、エンドユーザーのより良い暮らしや働き方に貢献することを目的に活動して参ります。

組織概要

​名称

一般社団法人不動産情報共有推進協議会

URL

xxx

設立日

2020年10月1日

​所在地

東京都中央区日本橋兜町8-1 FinGATE TERRACE 2階

代表理事

松坂維大(株式会社LIFULL 不動産ファンド推進事業部 ブロックチェーン推進グループ長)

活動概要

(1) 法人・個人の中立的な不動産情報の共有を実現する不動産情報共有基盤の構築・提供
(2) 法人・個人における不動産情報の活用に向けた普及啓蒙活動
(3) 不動産情報共有基盤の普及・サービス提供
(4) 不動産情報共有基盤を活用したサービスに関する調査・研究・実証実験並びに意見・情報交換
(5) 国内外の関係省庁や関係団体との連携及び意見・情報交換
(6) シンポジウム、研究会、講座、セミナー等の企画・開催・運営
(7) その他当法人の目的を達成するために必要な事業

理事・監事

松坂維大 (Matsuzaka Tsunahiro)
株式会社LIFULL  ブロックチェーン推進グループ長

 

インターネット黎明期より不動産情報サイト「LIFULL
HOME’S」を通して、不動産情報のデジタル化とオープン化に従事。執行役員新規事業開発本部長、グループ会社LIFULL FinTech代表取締役などを歴任。
近年は「ブロックチェーン×不動産」をテーマに活動を続けており、ブロックチェーンを活用した不動産情報共有PoC(2017)、分散台帳技術による不動産情報共有コンソーシアムの立ち上げ(2018)、空き家のトークン化による権利移転PoC(2019)、国内初の不動産STO(2020)などを主導。
世界中の不動産へインターネット上で誰もが安心して投資できる未来を目指し、ブロックチェーン技術で「あらゆる不動産をデジタルアセット化する」ことがミッション。